シーバスは、いろいろな場所にいます。

そのため、海だけでなく、河川でも釣ることができます。

ここでは、河川でシーバスを釣る際のタックル(仕掛け)や釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

シーバス釣りの河川でのおすすめの時期

シーバス釣りの河川でのおすすめの時期についてご紹介します。

河川での釣りは、春~秋がおすすめです。

シーバス 河川 ルアー

は、バチ抜け稚アユの遡上によりシーバスが狙えます。

は、高水温を避けるため、シーバスは水温が低い河川に移動します。

雨が降った後、水が濁れば期待大です。

は、落ちアユやコノシロなどがベイトとなります。

産卵前の荒食いの時期となるので、シーバスをもっとも釣りやすい。

ススム
季節ごとに異なった釣り方をする必要があります。

スポンサーリンク

シーバス釣りの河川でのルアー仕掛け

シーバス釣りの河川でのルアー仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

シーバス 河川 ルアー

ロッド

シーバスロッドを使います。

長さは、8~9フィートが使いやすいです。


リール

リールは、キャストに最適なスピニングリールを使います。

サイズのおすすめは2500~3000番です。


ライン

ラインは、PEの0.8~1号を使います。


リーダー

リーダーは、フロロカーボンの4~5号をセットします。


ルアー

まず、フローティングミノーで様子をみます。

シーバスの反応の有無や地形の変化をチェックします。

あとは、表層を狙うか、を狙うかでルアーを変えていきます。

表層なら、トップウォータープラグを使います。

なら、バイブレーションがおすすめです。

シーバス 河川 ルアー

河川でシーバスを釣るのに最適な条件

河川でシーバスを釣るのに最適な条件があります。

全部で3つあります。


もっとも重要な条件がベイトの存在です。

シーバスは、年中ベイトを追いかけています。

ベイトの種類は、イワシやコノシロ、落ち鮎など季節によってさまざまです。

どの種類のベイトを食っているのかを知ることで、使うルアーや釣り方などを工夫することができます。


次は、河川の流れの有無です。

流れは、速過ぎてもほとんど問題ありません。

ないよりは、断然よいです。

流れがないと、シーバスがいても口を使ってくれないことが多いです。

速さだけではなく、流れに変化がある場所を探すようにします。

シーバスは、障害物などによって流れがよれている場所などを好みます。


最後に水の濁りです。

雨が降った後、川の水は増水して濁ります。

日中の釣りでは、濁りによってシーバスの警戒心が緩みます。

そうなると、食いやすくなります。

絶対の条件ではありませんが、濁っている方がよいです。

ただし、増水すると、危険が伴うので注意が必要です。

シーバス釣りの河川でのルアーによる釣り方

シーバス釣りの河川でのルアーによる釣り方についてご紹介します。

ベイトがいるレンジがわかっているのなら、そのレンジを引けるルアーで攻めるのがセオリーです。

レンジがわからなければ、フローティングミノーで表層を狙います。


狙ったポイントへフローティングミノーをキャストします。

基本的には、ただ巻きで引いてきます。

巻く速さは、日によって異なるので、シーバスの反応を確認しておきます。

たまに、ミノーを止めて浮かせるとよい誘いがかかります。


当たりがなければ、狙うレンジを変えてみるとよいです。

水深のある場所なら、バイブレーションで底を攻めてみます。

ボイルや鳥山が見られた場合は、トップウォータープラグを使います。


当たりがあれば、すぐに合わせます。

シーバスは、水面から飛び出して頭を振ってルアーを外そうとします。

これは、エラ洗いと言われるものです。

このエラ洗いでバラしてしまったという釣り人は非常に多いです。

これを防ぐためには、竿先を水面近くでキープするようにするとよいです。

焦らず、冷静にやり取りすることが大切です。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事