タコジグ釣りで使うタコジグの選び方やおすすめ、連結方法についてご紹介します。

タコジグと言っても、大きく分けると2種類あります。

それぞれの特徴を解説しています。

スポンサーリンク

タコジグの選び方と種類

タコジグの選び方と種類についてご紹介します。

タコジグは、タコ型舟型に分けることができます。

釣り方によって使い分けるとよいです。

タコジグ釣りのおすすめ

タコ型

タコ型は、タコの形をしたジグです。

このジグは、堤防の際にいるタコを釣るのに適しています。

堤防の際に落とし込んで、底から中層の壁にへばり付いているタコを狙います。

全方向にフックが付いているので、根がかりしやすいです。

そのため、キャストして使うのは難しいです。

いくつかを連結して釣ることもできます。


舟型

舟型は、船の形をしたジグです。

テンヤによく似ています。

堤防からキャストして、沖の方にいるタコを狙うことができます。

もちろん、足元に沈めて底にいるタコを釣ることも可能です。


一般的には、タコジグと言えばタコ型を指していることが多いです。

舟型でキャストして堤防から離れたタコを狙えますが、最近ではエギテンヤを使って釣る人が増えています。

舟型の出番はあまりなさそうです。


タコジグは、根がかりでロストすることが多いです。

そのため、予備のジグをたくさん用意しておかないといけません。

ジグが足りなくなって、釣りができなくなったということだけは避けたいですね。

スポンサーリンク

タコジグを連結する方法

タコジグを連結する方法についてご紹介します。

連結できるのはタコ型です。

連結方法は非常に簡単です。

それぞれのタコジグの上部分と下部分にリーダーを結んでつなぐだけです。

1番下のタコジグの下にオモリを付けて完成です。


では、タコジグをたくさん連結した方が釣れる確率が高くなるのでよいのでしょうか?

決してそうとも言えません。

たくさん付けると、根掛かりする可能性が上がるためです。


連結するタコジグの数は、2~3個がおすすめです。

多くても、4~5個ぐらいにしておくとよいでしょう。

タコジグのおすすめ

タコジグのおすすめについてご紹介します。

  • ヤマシタ タコゆらハンター
  • ハヤブサ 堤防タコジグ ラバだま カチカチ
  • ヨーヅリ タコジグ舟型


タコジグの詳しい解説は準備中!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事