タコ釣りのターゲットと言えば、マダコやイイダコ、テナガダコです。

実は、スナダコというタコもいます。

スナダコも釣ることができます。

ここでは、スナダコ釣りの仕掛けと釣り方などについてご紹介します。

スポンサーリンク

スナダコとは

スナダコはマダコ科に属しています。

三陸以南の沿岸に生息しています。

浅い砂地を好みます。

堤防などから釣ることができます。


シルエットは、マダコによく似ています。

大きさはマダコよりも小さく、イイダコよりも大きいです。

テナガダコぐらいです。

体の表面には細かな凹凸があって、ザラザラしています。


食味は肉質が柔らかいです。

マダコと同じような調理法で食べられます。

スポンサーリンク

スナダコ釣りの時期

スナダコ釣りの時期についてご紹介します。

スナダコ釣りは、春~梅雨明けぐらいまでがおすすめです。

かなり短いです。

これ以外の時期でも釣ることはできます。

4月はマダコがあまり釣れないので、スナダコを狙うとよいかもしれません。

スナダコ釣りの仕掛けと釣り方!時期は?

スナダコ釣りの仕掛け

スナダコ釣りの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

  スナダコ釣りの仕掛けと釣り方!時期は?

ロッド

ロッドは、エギングロッドを使います。

もちろん、タコ専用竿でもOKです。

ただし、あまりにも硬いものは避けます。

長さは2~3mです。


リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは3000番がおすすめです。

ベイトリールでもOKです。


ライン

ラインはPEの4号を使います。

リーダーは使いません。

もちろん、リーダーをセットしてもOKです。


ルアー

ルアーは、タコ専用のエギを使います。

キャスト専用のものを使うと、根掛かりしにくいです。

ワンナックのデビルエイトクローデビルパラシュートがおすすめです。


オモリ

オモリはナス型オモリの5~8号を使います。

スナダコの釣り方

スナダコの釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けを狙いのポイントへキャストします。

着底すれば、ゆっくり仕掛けを引いてきます。

ある程度引けば、1度止めてスナダコが抱き付いてくる間を与えてやります。

アタリがなければ、再度引き始めます。

たまに、シェイクを入れて誘うと効果的です。


スナダコは、マダコよりも臆病です。

そのため、あまりにも大きく誘うのはNGです。

ルアーに抱き付いてくれなくなります。

できるだけ優しく誘います。


アタリがあってもすぐには合わせません。

ここで合わせてもフッキングしません。

先ほども言いましたが、スナダコは臆病です。

そのため、一気にルアーに抱き付いてきません。

アタリがあった場合、そのまま優しく誘い続けて、しっかりルアーを抱き込ませます。

そうすれば、しっかりフッキングします。

あとは、ラインのテンションを緩めないように巻いてきます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事