船のタチウオジギングを始める人が増えています。

今注目のジギングです。

ここでは、タチウオジギング(太刀魚ジギング)のロッド(竿)の選び方とおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タチウオジギングのロッド(竿)の選び方・代用できるロッドは?

タチウオジギングのロッド(竿)の選び方についてご紹介します。

タチウオジギングで使うロッドは、タチウオジギング専用のロッドをおすすめします。

長さは、6~6.5フィートぐらいが使いやすいです。


タチウオジギングは、高速で巻いて激しくジグを動かすわけではありません。

泳ぎがうまいわけではないタチウオが喰い付けないためです。

穂先には、それほど硬さは求められません。

逆に、タチウオの当たりを弾かず、繊細な当たりを逃さない柔らかさが必要となってきます。

専用のロッドは、フォール時などのタチウオの小さな当たりを取ることができるようになっています。

それでいて、合わせた時にしっかりフッキングさせることができるバットの強さを兼ね備えています。


各メーカーからいろいろな専用ロッドが販売されています。

その中から選ぶとよいでしょう。

タチウオジギングのロッド(竿)のおすすめ

気に入ったロッドがない、持っているロッドを使いたいということなら、他のものを代用しても構いません。

おすすめは、ライトジギングロッド(ライト~ミディアムライト)です。

ライトジギングロッドなら、穂先は適度に柔らかく、ジグを操るのに適した張りを兼ね備えています。

こういった特徴を持ったロッドなら、他のものでも使えます。

ただ、タチウオジギング専用のロッドほどは、穂先が柔らかくない場合が多いです。

そのため、タチウオの繊細な当たりを取れない可能性があります。


柔らかめの青物用のロッドバスロッドなどでも使えなくはありません。

あまりにも穂先が硬いロッドはやめておいた方が無難です。


こちらも、長さは6~6.5フィートぐらいが使いやすいです。

あと、使用するルアーの重さにも注意が必要です。

適合ルアーウェイトを超えて無理をして使うと、ロッドが破損してしまいます。

新たにロッドを購入するのなら、専用のものを検討した方がよいです。

スポンサーリンク

タチウオジギングのロッド(竿)のおすすめ

タチウオジギングのロッド(竿)についてご紹介します。

  • ダイワ 鏡牙 AIR 63B-2TG
  • ダイワ ブラスト ベイジギング 64B-4
  • シマノ グラップラー BB B632
  • メジャークラフト フルソリ FS-B64M/LJ
  • メジャークラフト ジャイアントキリング GXJ-B65ML/TJ
  • メジャークラフト クロステージ CRXJ-B63/3SJ
  • バレーヒル ドラゴンスティック DSC-65UL/TJ


ロッドの詳しい解説は準備中!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事