タチウオのショアジギングでは、どのようなジグを選べばよいのでしょうか?

メタルジグ(以下、ジグ)の選択は、釣果に大きな影響を及ぼすことがあります。

ここでは、タチウオのショアジギングのジグの選び方とおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タチウオのショアジギングのジグの選び方

タチウオのショアジギングのジグの選び方についてご紹介します。

最近のタチウオ人気を受けて、タチウオジギング専用のジグが販売されるようになってきました。

ジグは専用ジグを使ってもよいし、それ以外のジグでも構いません。

そこまで、専用ジグにこだわなくても問題ありません。

いろいろと試してみるとよいです。

タチウオのショアジギングのジグ

ジグを選ぶ上で重要なのが、重さカラーです。

この2つの要素で選びます。


まずは、重さについてです。

20~50gの重さのジグをメインとして使います。

基本的には、ジグの重さは大きさに比例します。

重いジグを使うと、その分ジグのシルエットが大きくなります。

そうすると、タチウオが捕食するベイトよりも大きくなりすぎてしまうことがあります。


最近では、鉛以外にタングステンでできたジグが登場しました。

タングステンは比重が重いので、同じ重さでもシルエットを小さくすることができます。

シルエットが小さいと、潮の抵抗を受けにくい、喰いが渋い時に喰わせやすいなどのメリットがあります。

高額なのが難点ですが、持っておいて損はありません。


釣りに行く場所や潮の速さなどによって、使うジグの重さは変わります。

思った以上に重いジグを使わなければならないことがあります。

喰いが少しくらい落ちても、釣り自体が成立しなければ意味がないためです。


次に、カラーについてです。

カラーは、いくつか人気のものがあります。

最近では、ゼブラがよく使われます。

実績が高いだけに外せないカラーです。


グローパープルもおすすめです。

グローは、いろいろな場面で重宝します。

夜間や夕マズメの暗い時間帯に高いアピール力を発揮します。

曇天や潮が濁っている時も効果が期待できます。

パープルは、タチウオの習性を利用した釣りが可能となります。

タチウオ同士はお互いが紫色に見えています。

共食いをするタチウオにとって、パープルはエサを意味する魅力的なカラーなのです。


他にも、ピンクゴールドも定番カラーとなっています。

カラーだけは、実際にやってみないとわかりません。

反応のよいカラーを早く見付けることができれば、大きく釣果が伸びます。

スポンサーリンク

タチウオのショアジギングのジグのおすすめ

タチウオのショアジギングのジグのおすすめについてご紹介します。

  • ハヤブサ ジャックアイ ショット
  • メジャークラフト ジグパラ ショート
  • ダイワ TGベイト
  • ダイワ サムライジグ
  • ルミカ エクストラーダ メタルジャッカー イワシ
  • ダミキジャパン メタルジグ 闘魂ジグ Core


ジグの詳しい解説は準備中!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事