東京湾ではフグ釣りが人気です。

湾フグという新たな釣りが確立されています。

ここでは、湾フグとは何なのかや釣りの時期についてご紹介します。

スポンサーリンク

湾フグとは

湾フグとは、東京湾で釣れるフグの略称のことです。

そのため、湾フグという種類のフグがいるわけではありません。

湾フグには、ショウサイフグやヒガンフグ(アカメフグ)、トラフグ、コモンフグなどが含まれます。

特に、ショウサイフグとヒガンフグ、トラフグは釣りのターゲットして人気です。

湾フグの時期は?いつ釣りに行けばよい? スポンサーリンク

ショウサイフグとは

ショウサイフグについてご紹介します。

ショウサイフグはフグ科に属する魚です。

本州以南の沿岸部に生息しています。

砂底を好みます。

30cm程度まで成長します。

産卵期は梅雨から初夏までです。

旬は秋から春です。

肝臓や卵巣、皮などに毒があります。

ショウサイフグ釣りの時期

ショウサイフグ釣りの時期についてご紹介します。

ショウサイフグは年間を通して釣れます。

おすすめの時期は、大きく分けると2つあります。

1つは、春から初夏にかけてです。

5~7月頃です。

繁殖の時期ということで白子が入っています。

もう1つは、秋から初冬にかけてです。

10~1月頃です。

ふ化した個体が成長し、数釣りを楽しめます。


ヒガンフグとは

ヒガンフグについてご紹介します。

ヒガンフグはフグ科に属する魚です。

アカメフグとも呼ばれています。

全国の沿岸部に生息しています。

岩礁藻場を好みます。

30cm程度まで成長します。

産卵期は春の彼岸頃です。

旬は冬から春です。

肝臓や卵巣、皮などに毒があります。

ヒガンフグ釣りの時期

ヒガンフグ釣りの時期についてご紹介します。

ヒガンフグは年間を通して狙うことができます。

おすすめは、秋から春先にかけてです。

10~3月頃です。


トラフグとは

トラフグについてご紹介します。

トラフグもフグ科に属する魚です。

高級魚として知られています。

全国の沿岸部で見られます。

湾内など多いです。

70cmに達する個体もいます。

産卵期は春頃です。

旬は冬です。

肝臓や卵巣などに毒があります。

トラフグ釣りの時期

トラフグ釣りの時期についてご紹介します。

ショウサイフグやヒガンフグに比べると、トラフグ釣りの歴史はまだ浅いです。

トラフグは、春の産卵期(4月)になると釣れ始めます。

サイズは徐々に大きくなり、5月頃まで釣れます。

コモンフグとは

コモンフグについてご紹介します。

コモンフグもフグ科に属する魚です。

全国の沿岸部の岩礁に生息しています。

25cmほどまでしか大きくなりません。

産卵期は4月頃です。

旬は秋から冬です。

肝臓や卵巣、皮などに毒があります。

コモンフグをメインに釣りに行くことはあまりないと思われます。

コモンフグとショウサイフグの違い

コモンフグとショウサイフグは非常によく似ています。

両方とも、背中は褐色地です。

しかし、模様が異なります。

コモンフグは白点模様であるのに対して、ショウサイフグは白い網目模様となっています。

他にも、尻鰭の色やお腹の手触りで見分けることができます。

コモンフグの尻鰭の色は黄色であるのに対して、ショウサイフグは白色です。

コモンフグのお腹はザラザラしているのに対して、ショウサイフグはツルツルしています。


※フグには毒がありますので、資格を持ったフグ専門の調理師に依頼することをおすすめします。

身にも毒のあるフグがいる上、フグはよく似た種類のものが多く判別が難しいです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事