極小の魚として知られているタナゴ。

そのタナゴは釣ることができます。

主にターゲットとなるのはタイリクバラタナゴです。

微妙なアタリを釣っていくのが楽しいです。

ここでは、タナゴ釣りの仕掛けと釣り方・エサについてご紹介します。

スポンサーリンク

タナゴ釣りの仕掛け

タナゴ釣りの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

  タナゴ釣りの仕掛けと釣り方・エサ

竿

竿はのべ竿を使います。

タナゴ竿でもOKです。

長さは1~1.8m前後です。

道糸

道糸はナイロンの0.3~0.4号を使います。

ウキ

ウキは極小のウキを使います。

下にシモリウキを付けます。

オモリ

オモリは極小のガン玉を使います。

ハリス

ハリスはフロロカーボンの0.3号を使います。

長さは3cm前後です。

針は秋田狐の1~2号を使います。

スポンサーリンク

タナゴ釣りのポイント

タナゴ釣りのポイントについてご紹介します。

タナゴは、主にホソで釣れます。

ホソ

用水路の突き当たりの少し深くなった部分がおすすめです。

冬場に居着いていることが多いです。

水草などの障害物周りもよく釣れます。





水草が生えている岸際杭周りが狙い目です。

カケアガリも好ポイントです。

タナゴ釣りのエサ

タナゴ釣りのエサについてご紹介します。

エサはグルテンがおすすめです。

タナゴ用でもヘラブナ用でもOKです。

比重が重めで、グルテンの量が多いものがおすすめです。

アカムシもよく使われます。

ちょん掛けにします。

タナゴ釣りの仕掛けと釣り方・エサ

タナゴの釣り方

タナゴの釣り方についてご紹介します。

まず、狙ったポイントへ仕掛けを投入します。

投入後、シモリウキがゆっくり沈んでいきます。

着底後、そのまましばらくアタリを待ちます。

アタリがなければ、竿先を10~20cmほど上下に動かして誘います。


タナゴ釣りは底にエサを沈めて釣ります。

ただし、タイリクバラタナゴは底よりも少し上の層から表層よりも少し下の層を泳いでいます。

そのため、水深の半分ぐらいの層を中心に狙うとよいです。


アタリはいろいろあります。

もっとも多いのは、シモリウキだけが横に引かれるアタリです。

他には、ウキとシモリウキが横に引かれるアタリシモリウキだけを持ち上げられるアタリなどがあります。

基本的にはウキが沈むのを待ちません。

シモリウキの微妙な動きでアタリを取っていきます。


アタリがあれば、竿を立てて軽く合わせます。

針掛かりすれば、さらに竿を立てて魚を寄せてきます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事