タチウオジギングには、どのようなラインを巻けばよいのでしょうか?

太さも気になることろです。

ここでは、タチウオジギングのラインの選び方とおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タチウオジギングのラインの太さなどの選び方

タチウオジギングのラインの太さなどの選び方についてご紹介します。

ラインには、PEやフロロカーボン、ナイロンなどがあります。

タチウオジギングではPEが使われます。

PEは伸びないので、タチウオの繊細な当たりを取りやすいです。

タチウオは、思っている以上に小さな当たりが多いです。

小さな当たりをしっかり取っていかないと、数を伸ばすことは難しいです。

あと、強度があるので、細いラインを使えます。

仕掛けが潮に流されにくいです。

タチウオジギングのラインの太さなどの選び方とおすすめ

ラインの太さは、船での釣りでもおかっぱりからの釣りでも、それほど大きくは変わりません。

船(ジギング)

PEの0.8~1.5号を巻いておけばよいです。


おかっぱり(ショアジギング)

PEの0.6~1.2号を巻いておけばよいです。


ラインは、最低でも200mは巻いておきたいです。

船で釣りに行く場所や時期によっては、100m以上の深場を狙うことがあります。

深場を狙う時は300m巻いておくか、予備のリールを持って行きます。

お祭りなどでラインが切れてしまうと、最悪釣りを行えなくなってしまうためです。

スポンサーリンク

タチウオジギングのラインのおすすめ

タチウオジギングのラインのおすすめについてご紹介します。

  • よつあみ PEライン G-soul スーパージグマン X8
  • シマノ タナトル 8本編み
  • シマノ ピットブル 8本編み


ラインの詳しい解説は準備中!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事