アナゴと聞けば、寿司ネタをイメージする人が多いと思います。

そのアナゴが、堤防からでも手軽に釣れるのです。

もちろん、船釣りでも人気のターゲットです。

食べてもおいしいアナゴを釣ってみてはいかがでしょうか?

ここでは、アナゴ釣りの時期と時間帯についてご紹介します。

スポンサーリンク

アナゴとは?


アナゴと言っても、いろいろな種類がいます。

一般的にアナゴと言えば、マアナゴのことを指すことが多いです。

アナゴ釣りで狙われるのも、マアナゴです。

他にも、クロアナゴやゴテンアナゴ、ハナアナゴなどがいます。

アナゴ釣りの時期と時間帯

ここでは、マアナゴ(以下、アナゴ)についてみていきます。

アナゴは、ウナギ目アナゴ科に属する魚です。

ウナギのように細長くて褐色です。

体の側面に、小さな白い斑点が並んでいます。

大きいものになると、1mを超えます。

メスの方が大きくなります。

旬はで、6~7月がもっともおいしいと言われています。


アナゴは、北海道南部以南の沿岸に生息しています。

砂地砂泥地を好みます。

夜行性なので、夜にエサを求めて活発に動き回ります。

一方、日中は巣穴などに潜り込んでいます。

スポンサーリンク

アナゴ釣りの時期のおすすめ

アナゴ釣りの時期のおすすめについてご紹介します。

アナゴは、によく釣れます。

6~10月がおすすめです。

夏は、おかっぱりからは投げ釣り(ちょい投げ釣り)ブッコミ釣りで釣るのが一般的です。

船からは、オモリで底を小突いて釣る小突き釣りちょい投げ釣りが人気です。


実は、にも狙うことができます。

10~2月にも釣れます。

冬は、テトラ帯などの隙間に落とし込んで釣るとよいです。

寒くなると、沖では釣れなくなります。

脂の乗ったアナゴを食べたいのなら、この時期がおすすめです。

ススム
上の時期以外でも、釣れないわけではありません。

釣具店などで、こまめに情報を入手しておくとよいでしょう。

アナゴ釣りの時間帯のおすすめ

アナゴ釣りの時間帯のおすすめについてご紹介します。

よく釣れる時間帯は夜間です。

おかっぱりからでも船からでも夜釣りがおすすめです。

アナゴは夜行性なので、日中はあまり動かないためです。

日没から午後9時ぐらいまでが狙い目です。

深夜にも釣れないことはありませんが、数が落ちます。

そのため、あまり粘ってもよくなさそうです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事