相模湾などでは、エサでのアマダイ釣りが人気です。

アマダイ釣りはシンプルで簡単です。

初心者にもおすすめの釣りです。

ここでは、アマダイの天秤仕掛けと釣り方のコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

アマダイ釣りの天秤仕掛け

アマダイ釣りの天秤仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

タチウオの天秤仕掛けと釣り方

竿

竿は7:3調子のライトゲームロッドやアマダイ専用ロッドがおすすめです。

ライトアジやライトタチウオで使う竿も使えます。

長さは1.8m前後です。


リール

リールは小型電動リールを使います。

サイズは、ダイワなら200~300番がおすすめです。

手巻きのベイトリールでもOKです。


ライン

ラインはPEの1.5~3号を使います。

200m以上巻いておきます。


天秤

天秤は片天秤を使います。

腕長は30~40cmです。


ハリス

ハリスはフロロカーボンの3号です。




針はチヌ3~4号、丸カイズ14~15号を使います。

2本針です。


オモリ

オモリは40~60号です。

スポンサーリンク

アマダイ釣りのエサと付け方

アマダイ釣りのエサと付け方についてご紹介します。

アマダイ釣りのエサはオキアミです。

エサの付け方が重要です。

まず、オキアミの尾羽をハサミでカットします。

カットした部分から針を刺していきます。

針の軸に対して真っ直ぐになるように付けます。

丁寧に行うようにします。

きちんと付けないと、エサが回転するなどして喰いが悪くなるためです。

アマダイ釣りの釣り方のコツ

アマダイ釣りの釣り方のコツについてご紹介します。

アマダイの天秤仕掛けと釣り方のコツ

はじめに仕掛けを投入します。

まず、針を海中に入れます。

その後、天秤を投入して底まで沈めていきます。

アマダイは底付近にいるためです。

沈める際はサミングしながら沈めると絡みにくいです。

アマダイは砂地にいるため、根掛かりの心配はほとんどありません。

初心者は安心して釣りを楽しむことができます。


着底後、0.5~1m巻き上げます。

はじめは底上0.5mから始めるとよいです。

潮の速さなどの状況によっては1m巻き上げます。

竿をゆっくりシャクリ上げて止めます。

アタリがなければ、竿をゆっくり下げて止めます。


誘う頻度は、その日のエサ取りや外道の状況などによって変えます。

たくさん動かした方がよい時もあれば、動かさない方がよい時もあるためです。

たくさん動かす時は、着底後糸ふけを取り、竿を上下させてオモリで底を叩くように誘います。

3回ほど誘った後、0.5~1m巻き上げます。

後は上と同じです。

活性の高いアマダイがいれば喰ってきます。

底ギリギリを狙ってもよいです。


アタリがあれば、合わせて巻き上げます。

強く合わせる必要はありませんが、竿を大きく持ち上げて合わせるとよいです。

後は一定の速さで巻き上げます。

アマダイなら、水深30mぐらいのところで引き込むことが多いです。


レンコダイのアタリが多い時は、針上30cmにガン玉(2B)を打つとよいです。

仕掛けを早く沈めるようにします。

底潮が速い時は?

底潮が速いと仕掛けが浮いてしまいます。

浮くと、アマダイのいるタナから仕掛けが外れてしまいます。

これでは、アタリが出なくなってしまいます。

そのような場合は、仕掛けを底上50cmにします。

はじめから底上50cmで釣っている場合は、そのままでよいです。

それでもアタリがなければ、仕掛けのサルカン(三つ叉サルカンなど)を大きくして無理矢理沈めます。

ガン玉を使ってもOKです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事