魚介類の旬の時期・栄養・食べ合わせ・保存方法・通販・ふるさと納税などに関するお得情報はこちら


ジギングは、さまざまな魚が釣れる万能の釣法です。

アマダイもジギングで狙うことができます。

アマダイは、高級魚として知られる人気の高いターゲットです。

ここでは、アマダイのジギングタックルと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

アマダイジギングとは

アマダイをジギングで狙うことができます。

しかし、釣り方が完全に確立されているわけではありません。

まだいろいろ試されている最中です。

そのため、ここでご紹介するタックルや釣り方は現時点でおすすめするものです。

今後大きく変わる可能性があります。


アマダイは、海底に掘った巣穴に入っていることが多いです。

そのため、底付近を狙わないと釣れません。

底付近の限られたレンジを狙う場合、スロージギングが最適です。

アマダイのジギングタックルと釣り方
スポンサーリンク

アマダイジギングのタックル

アマダイジギングのタックルについてご紹介します。

タックルは次のとおりです。

アマダイのジギングタックルと釣り方

ロッド

ロッドはスロージギング用のものを使います。

激しく誘って釣るわけではないのでタイラバロッドでもOKです。

ジグの重さに注意が必要です。

長さは2m前後です。

リール

リールはベイトリールを使います。

スロージギング対応のものがおすすめです。

ハイギアタイプが釣りやすいです。

ライン

ラインはPEの0.8~1号を使います。

太すぎると、潮の抵抗を受けて釣りにくいです。

300m以上巻いておきます。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの5号前後を使います。

長さは3~5mです。

ジグ

ジグはスロージギング用のものを使います。

ジグはそれほど大きくない方がよいことが多いです。

タングステンやシルエットの小さなジグがおすすめです。

重さは100~120gをメインに使います。

水深や潮の速さなどで変わります。

グロー系がおすすめのカラーです。

フック

フックはフロントとリアにセットします。

ダブルフックがおすすめです。

小さめがよいです。

フックにワームを付けてもOKです。

アマダイジギングの釣り方

アマダイジギングの釣り方についてご紹介します。

まず、ジグを底まで沈めます。

着底すれば、ジグで底をたたくようにアクションさせます。

これにより、砂煙を上げてアマダイにアピールします。


その後、ロッドを少し大きめにシャクり上げて、リールを1/4~1/2回転巻き上げて誘います。

ジグを縦ではなく、横に動かすイメージで探ります。

これを繰り返します。


アマダイは底付近にいます。

そのため、底から3m上までしか探る必要はありません。

底から3m上まで誘い上げれば、フォールで底まで沈めます。


他には、次のような誘い方も効果的です。

  • ジグを一気に底まで落とし込む
  • ジグを底に着けた状態でシェイクする

アタリがなければ、いろいろ試してみるとよいです。


アタリがあれば合わせます。

フッキングすれば巻き上げていきます。

巻き上げる途中で、コンコンと穂先をたたくような引きがあれば、アマダイの可能性が高いです。




励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事