サビキ仕掛けを投げて釣ることもできます。

通常のサビキ釣りとは仕掛けも釣り方も異なります。

ここでは、サビキ釣りの投げ仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

サビキ釣りの投げ釣りとは

サビキ釣りの投げ釣りとは、文字どおり仕掛けを投げて行う釣り方です。

通常のサビキ仕掛けで使うサビキカゴは使いません。

そのため、通常のサビキ仕掛けとは異なります。

また、沖の方まで探ることができるので、かなり有利です。

ススム
この釣りのターゲットとなるのは、主にカマスです。

もちろん、アジなどの回遊魚も狙えます。

サビキ釣り 投げ仕掛け
スポンサーリンク

サビキ釣りの投げ仕掛け

サビキ釣りの投げ仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

サビキ釣り 投げ 仕掛け

他のサビキ釣り仕掛けとは、まったく異なります。

上でも述べたように、もっとも異なるのは、サビキ釣りの大きな特徴であるサビキカゴがありません。


竿

竿は、磯竿(3号)投げ竿を使います。

長さは、4~5mがおすすめです。


リール

リールはキャストするので、スピニングリールがおすすめです。

サイズは、2000~3000番がよいです。


ライン

ラインは、ナイロンの3~4号を巻いておきます。


仕掛け

市販の仕掛けを使います。

カマスを狙うのならカマス専用が販売されています。

サイズが小さい場合は、アジ用のサビキ仕掛けでもOKです。


オモリ

オモリは、10号のナス型オモリを使います。

状況により、いろいろな重さを使うことがあります。

サビキ釣りの投げ釣りのコツ

サビキ釣りの投げ釣りのコツについてご紹介します。

通常のサビキ仕掛けは、撒き餌を撒いて、魚を寄せて喰わせます。

しかし、ここでご紹介する投げ仕掛けにはサビキカゴが付いていません。

カゴがないということは、撒き餌を使わないということです。


では、どのような釣り方をするのでしょうか?

釣り方は、次のとおりです。

まず、仕掛けをキャストします。

着底後、底の方からゆっくり巻いたり、シャクッたりしながら、棚を徐々に上げながら誘ってきます。

こうすることで、幅広く棚を探れます。

釣れた棚がわかれば、集中的にその棚を攻めるようにします。


他には、底を中心に狙うなら、シャクッては底まで沈めるを繰り返します。

手前まで寄ってくれば、再びキャストします。


堤防の際の底付近も狙えます。

まず、仕掛けを底に沈めます。

仕掛けを上げたり、下ろしたりするだけでOKです。

これでも十分喰ってきます。


カマスを狙うか、アジを狙うかで攻める棚を変えるとよいです。

カマスがメインなら表層~中層を、アジがメインなら底付近を攻めるようにします。

あくまで目安ですが。


当たりがあれば、ゆっくり巻き始めます。

巻き合わせでOKです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事