バチコンアジングだからと言って、特別なワームを用意しなければならないわけではありません。

基本的には、おかっぱりで使っているものが使えます。

若干注意した方がよいことがあります。

ここでは、バチコンアジングのワームのサイズ・形状・硬さ・カラー・おすすめについて紹介します。

スポンサーリンク

バチコンアジングのワームのサイズやカラーなどは?

バチコンアジングのワームのサイズやカラーなどについてご紹介します。

ワームを選ぶ際には、主にサイズ・形状・硬さ・カラーが重要です。

1つずつみていきます。

バチコンアジングのワームのおすすめ!サイズやカラーなどについても解説

ワームの形状の選び方

バチコンアジングにおいては、ワームの形状はストレート系が主流です。

ストレート系を使っておけば問題ありません。

リブ付きのワームでもOKです。

リブが付いていると、水受けがよいので微波動を生じます。

これがよい誘いになります。

ワームのサイズの選び方

サイズは、2~4インチを使います。

よく使うのは、2~3インチです。

サイズは、アジの大きさや活性などによって使い分けます。


小型のアジを狙う時喰いが渋い時2インチがおすすめです。

短い方が吸い込みがよいです。

大型のアジを狙う時4インチを使ってみてもよいです。

長めの方がアタリが出やすいです。

ワームの硬さの選び方

柔らかいワームの方が喰いがよいことが多いです。

しかし、ワームがズレやすいです。

ワームがズレると喰ってくれないので、頻繁にワームのズレを確認する必要があります。

一方の硬めのワームは、柔らかいものに比べると喰いが悪くなることがあります。

ただ、ワームがズレにくいです。

1度は合わせ損なっても、ワームがズレていないので再度喰ってくることがあります。

ワームのカラーの選び方

ワームのカラーは非常に重要です。

カラーを誤るとまったく釣れないこともあるためです。

中・上級者がよく釣れるのは、ヒットカラーを見つけるのに優れているためです。


ヒットカラーと言っても、日や時間帯によって異なります。

状況によって、ヒットカラーは変わっていくのです。

そのため、どのカラーがよく釣れるのかはやってみないとわかりません。


次のカラーがおすすめです。

  • ピンク系
  • オレンジ系
  • チャート系
  • グロー系
  • クリア系
  • リアラメ系
  • ケイムラ系
  • 緑系

アタリがなければ、これらのカラーをローテーションします。

どのカラーに対して反応がよいのかをチェックします。


カラーによって釣果に大きな差が出ます。

よく釣れている人のカラーを参考にするとよいです。

どのような状況にも対応できるように、カラーはいろいろな種類のものを用意しておきます。



※ワームの選択以上に重要なのがワームの付け方です。

付け方が正しくないと、どのようなカラーを使っても喰ってくれないためです。

必ずワームの真ん中にまっすぐジグヘッドを刺します。

真ん中からズレていると、ワームが不自然な動きをしてしまって喰いが悪くなります。

スポンサーリンク

バチコンアジングのワームのおすすめ

バチコンアジングでおすすめのワームをご紹介します。

ジャッカル ペケリング

バチコンアジングで人気のワームです。

使っていると人が意外と多いです。

小型ですが、力強い波動でアジにアピールします。


ダイワ 月下美人 アジングビーム バチコンカスタム

バチコンアジングに最適なワームです。

アミノ酸特殊誘引剤「アミノX」とシュリンプパウダーが配合されているので集魚力が強いです。

味とニオイでアピールします。

ボディの前半部分は太くて刺しやすく、後半部分は細いので吸い込みやすいです。


バークレイ バブルサーディン

アジを引きつけるアクションを演出できます。

味とニオイが配合されています。

微波動を生じる設計になっており、吸い込みやすく柔らかいです。


クレイジーオーシャン 海毛虫

超波動が生じる独特の形状をしており、アジを刺激します。

デカアジに対応しています。

吸い込みがよく、ショアからボートまで使えます。


イッセイ 海太郎 スパテラ

リブは水を噛みます。

そのため、プロップアクションやイレギュラーアクションで魚にアピールします。

自然なアクションを演出できます。


ティクト ブリリアント

ボリュームのあるボディとパドルテールが魚に存在感を示します。

ベイトフィッシュパターンならこのワームがおすすめです。

2.5インチならギガアジを狙えます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事