ウミタナゴという魚をご存じでしょうか?

釣りをしない人には馴染みがないかもしれません。

ウミタナゴが本命で狙われることは比較的少ないです。

ただ、手軽に釣れて美味しいので、ウミタナゴ釣りに出掛けてもよいかもしれません。

ここでは、ウミタナゴ釣りの時期についてご紹介します。

スポンサーリンク

ウミタナゴとは

ウミタナゴは、スズキ目ウミタナゴ科に属する魚です。

日本全国のほとんどの沿岸に生息しています。

体長は、最大で30cm近くにもなります。

よく釣れるのは20cmぐらいまでです。

イシゴカイや甲殻類などを捕食します。

ウミタナゴ釣りの時期

ウミタナゴは胎生魚です。

つまり、メスの体内で卵をふ化させ、稚魚を産みます。

産卵時期は春から初夏にかけてです。


淡白な白身で美味しいです。

塩焼きや煮付けなどにされることが多いです。

スポンサーリンク

ウミタナゴが釣れる時期

ウミタナゴが釣れる時期についてご紹介します。

ウミタナゴは、年間を通して釣ることができます。

おすすめは冬から初夏にかけてです。

ウミタナゴは春を告げる魚と言われるだけあって、春によく釣れます。

また、低水温期は釣れる魚が少なくなりますが、ウミタナゴは寒くても釣れます。

冬にも釣れる貴重な魚です。


堤防からでも礒からでも狙うことができます。

水深が2~3mほどの浅場でも釣れ、海藻や岩場などの周辺が狙い目です。

ウミタナゴは群れていることが多いので、群れを発見できることがあります。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事